トップページ / 会社案內 / 会社沿革

会社沿革

2017

全自動ラインガイドの最強の新機種「WL-500FA」を開発。この機種は束ね切りにもっと効率よく切断、リニアガイドの上下動作は高精度な切断位置決めを行いできて、一回に10セットの切削条件を設定できます。

2016

全自動の新機種「WL-650DFA」と半自動前後両角度切りの新機種「WL-650DSA」を開発、全ストロークバイスシリンダーを採用、タッチパネルに角度切りをタッチ設定できます。高精度な送材のため、サーボ・モーターを採用。

2015

角度切りバンドソー「WL-460DSA」を開発、H形鋼などの大型形鋼の切断。

2014

使用の安全性を高めるため、全自動の新機種「WH-4036HAF」を開発。

2013

全自動ラインガイドの新機種「WL-800SAT」を開発。

2012

ダイヤモンドブレード「WSC-250」を開発、超硬材に適応。

6月に威尚支社を竣工、ヨーロッパタイープの丸鋸盤を開発。

手動運転装置の新機種「UE-125DV」・「UE-127DV」・「UE-153DV」を開発。

2011

CNC全自動超高速バンドソー「WHM-540A」を開発。

1月に威尚支社を起工。

2010

開発センターを完成、高精度・高品質のCNC製品の生産開始。

2009

資本金を157,000,000ニュー台湾ドルに増資。

大型・ダブル円柱バンドソーを開発。

大型の製品は「WA-7062HA」・「WA-7670SA」・「WA-800SA」・「WA-1100SA」全自動バンドソー(ローラーテーブル) の製品は「UE-250AR」・「UE-330AR」機種があります。

2008

10月に本社の新築オフィスビルを竣工、生産能力の拡大と点検設備を再購入だけでなく、130人収容可能の会議室を設立、大型のサンプル展示室とビデオ会議室。

2007

資本金を70,000,000ニュー台湾ドルに増資。

全自動バンドソー「WS-1318FA」を量産開始、米国とカナダに販売され。

3月に本社の新築オフィスビルを起工。

2006

2月に9”支社を起工、7月に竣工。開発センターを設立。

2005

全自動支社は潭子に移転。

経済部の伝統工業技術開発計画(CITD)を取得。

2004

資本金を70,000,000ニュー台湾ドルに増資。

多元的な專業機種を開発、全自動ダブル円柱「WA-4033HA」・「WA-460HA」と半自動デュアルマイター切断「UE-331DSA」・「UE-460DSA」。

米国タイプ手動と半自動「W1318SSA」を開発。

2003

2月に JETER支社を設立。

2002

1月に全自動支社を設立。

2002年度に経済部の中小企業創新開発の優秀企業賞を受賞。

2001

12月に労働委員会の補助事業計画と品質保証の国際規格ISO-9001認証を取得。

1999

1999年度に経済部の科技研究発展計画『高精度金属バンドソー技術開発』を取得。

1998

12月に第7回台湾精品認證と品質保証の国際規格ISO-9002認証を取得。

1997

1月にヨーロッパ共同市場(ノルウェー DNV) CE認證を取得。

1996

ヨーロッパ共同市場(ベルギー AV) CE認證を取得。

9"バンドソーを開発、年末にサンプルを開発終了。

1989

6月に品質保証のCSA認證を取得、7"バンドソーを生産開始。

1983

7"バンドソーを開発導入、年末に開発終了。

威全機械工業株式会社を創立、資本金は5,000,000ニュー台湾ドル。